ENGLISH | 日本語

医薬品の安全性

生命科学のための自動化ソリューション

医薬品の安全性プロセスの合理化

医薬品の安全性ソリューションは、構成可能な動的ワークフローを活用して、有害事象を効果的に分析して優先順位を付け、これに対応するプロセスを合理化します。

BPMとローコードを備えた同ソリューションは、シームレスなコラボレーション、マルチチャネル通知、リアルタイム・ダッシュボード、およびSLA監視が可能となる最新のモバイル対応アプリを使用して、製薬会社が患者の安全に集中できるようにお手伝いしています。

ソリューションのデモを見る

お客様の情報を入力してください

I confirm I have read the privacy policy.*



医薬品の安全性を確保する主な推進力

製薬会社は、上市後にその製品の安全性と有効性を確保し続ける必要があります。 また、安全上の懸念に対する迅速な対応をサポートするために、厳格かつ継続的な安全性監視プログラムが実施されていることを示す必要があります。 医薬品の安全性を確保する主な推進力には以下があります。

Timeliness-v2

対応の適時性

それぞれの症例にタイムリーに対応する必要があります

Configurable-v2

構成可能なワークフロー

症例ごとに動的に段階を定義する柔軟性

Collaboration-v2

コラボレーション

すべてのステークホルダー間の積極的なコラボレーション

Progress-Visibility-v2

進捗状況の可視性

各症例のステータスについてのリアルタイムな可視性

SLA-Compliance-v2

SLAコンプライアンス

法定タイムラインへのコンプライアンスが必須

ソリューションのデモを見る

お客様の情報を入力してください

プライバシーポリシーを読んだことを確認します.*



erpainpoints-img-min

医薬品の安全性確保のプロセスの問題点

医薬品の安全性確保のプロセスでは、多くの場合、厳格なワークフロー、事象の透明性の欠如、システムの相違によって生まれるサイロ化、内外部のステークホルダー間の効果的なコラボレーションの欠如などが重荷となっています。

それぞれの組織は医薬品の安全性確保ためのプロセスを整備するよう努めていますが、ほとんどの組織は次の問題にぶつかります。

Streamlined and Collaborative Emergency Response

Powered by BPM and Low-code

The Dynamic Emergency Response solution addresses the pain points by automating the process with the BPM and Low-code platform. The Protocol Configurator provides a flexible mechanism to dynamically configure the sequence of tests and consultations needed to address each type of emergency.

It provides the ER team with a modern, mobile-enabled app for seamless collaboration, multi-channel notifications, HL7 integration with EMR systems, real-time dashboards and SLA monitoring.

医薬品の安全性確保プロセスの合理化

Princeton Blueの動的な症例管理機能を備えた医薬品の安全性ソリューションを利用することで、安全性シグナルごとにリアルタイムで医薬品の安全確保ワークフローをカスタマイズすることができ、リアルタイムのコラボレーションと完璧な監査証跡を提供しながら、安全性シグナルの分析、優先順位付け、処理における俊敏性と柔軟性を確実にします。

Drug Safety Solution Architecture Japanese min

医薬品の安全性ソリューションは、BPMとローコード・プラットフォームを使用してプロセスを自動化することで、これらの問題点に対処します。安全性シグナル・ワークフロー・コンフィグレータは、柔軟なメカニズムを提供して、シグナル分析と優先順位付けに最も効果的なアクティビティを動的に構成します。シームレスなコラボレーション、マルチチャネル通知、リアルタイム・ダッシュボード、SLA監視が可能となる最新のモバイル対応アプリを組織にご提供します。

安全性シグナル・ワークフローは、事前に設定された一連のアクティビティであり、特定の種類の医薬品の安全性の問題に対して実行する必要があるものです。

医薬品の安全性ソリューションは、構成可能な動的なワークフローを提供し、適時性とコンプライアンスを改善するとともに、安全性シグナルの処理における透明性の向上と、保健当局へのタイムリーで正確な報告という目的において、ステークホルダー間のリアルタイムなコラボレーションを可能にします。

Key Highlights

The Dynamic Emergency Response solution allows an Emergency case to be handled in a configurable and dynamic manner based on hospital protocols, staff availability and individual needs of the patient. This improves compliance, timeliness and allows for real-time collaboration between the patient’s care givers, EMT, doctors and hospital staff.

Timeliness

Every minute can save a life

Configurable Protocols

Dynamic workflows based on type of emergency

Collaboration

Active collaboration between all stakeholders

Progress Visibility

Real-time visibility into status of patient care journey

Statutory SLA Compliance

Accurate monitoring and reporting of SLA compliance

Real-Time Dashboard

High-level overview of emergency cases and their status, through various interactive graphs

Key Highlights

The Dynamic Emergency Response solution allows an Emergency case to be handled in a configurable and dynamic manner based on hospital protocols, staff availability and individual needs of the patient. This improves compliance, timeliness and allows for real-time collaboration between the patient’s care givers, EMT, doctors and hospital staff.

Timeliness

Every minute can save a life

Configurable Protocols

Dynamic workflows based on type of emergency

Collaboration

Active collaboration between all stakeholders

Progress Visibility

Real-time visibility into status of patient care journey

Statutory SLA Compliance

Accurate monitoring and reporting of SLA compliance

Real-Time Dashboard

High-level overview of emergency cases and their status, through various interactive graphs

Key Highlights

The Dynamic Emergency Response solution allows an Emergency case to be handled in a configurable and dynamic manner based on hospital protocols, staff availability and individual needs of the patient. This improves compliance, timeliness and allows for real-time collaboration between the patient’s care givers, EMT, doctors and hospital staff.

Configurable Protocols

Dynamic workflows based on type of emergency

Timeliness

Every minute can save a life

Collaboration

Active collaboration between all stakeholders

Progress Visibility

Real-time visibility into status of patient care journey

Statutory SLA Compliance

Accurate monitoring and reporting of SLA compliance

Real-Time Dashboard

High-level overview of emergency cases and their status, through various interactive graphs

主要な注目点

医薬品の安全性ソリューションを実際に見る

Key Highlights

Request a Demo

I confirm I have read the privacy policy.*



Scroll to Top